美容の為に気を付けている洗顔方法

美容のために気を付けていることといえば、まずは、洗顔方法ですね。
従来、何気なくやっていた「洗顔フォームや洗顔石鹸をテキトーに手で泡立てて、顔をこする」方法では、顔の表面に抵抗があることに気付いたのです。

その後からは、どんなフォームや石鹸を使っても、泡立てネットを使って、丹念に泡立て、生クリームのようになるべく硬い泡をたくさん作るようにして、その泡を手と顔の間に置いて、泡が汚れを吸着するイメージを持って押さえるように洗顔しています。
洗い流すときも、こすらずに、手ですくった水に泡を解放するような感じです。
タオルで拭くときもですね、上下左右にこすらず押さえるように。

洗顔後に化粧水、クリームを付けるときも、通常は、肌に乗せて伸ばすと思いますが、最近では、手のひらで伸ばして、それを顔に押し付けるようにしています。
このように、顔を摩擦しないように気を付けてから、皮膚に抵抗感がなく優しく、シワができるのを少しでも予防できるような気がしています。

コメントは受け付けていません。 肌ケア