顎周辺のたるみは舌運動で解消

頬や顎のラインは年齢を重ねるとともに気になってくる部分です。
私が最近たるみ対策として実践しているのは、舌を意識的にうごかすということです。
舌の筋肉は使わないでいると衰えやすい個所なので、舌をうごかすことでたるみを解消できるというわけです。

よく20代の痩せている女性でも二重顎になっている人がいますが、これも舌の筋肉の衰えが原因といわれています。
舌を前にだして左右に動かしたり、口の中でグルグル回したりということを気が付いたときにやっています。
これだけの動作で、舌の周辺の筋肉全体を動かすことができるのです。

さらに筋肉といっしょに血管やリンパの流れも刺激されるので、とても美容に良いといわれています。
ただやっている最中の見た目が見た目ですので、あまり人前ではできませんので、誰もいない一人のときにこっそり、という感じです(笑)
お金もかからずいつでも簡単にできるので、顎周辺のたるみを気にされている方にはオススメです。